<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
私の感激
私の一番嬉しかった事は兄が、リユマチで入院されて元気になられた事がとてもとても嬉しいかったっです。元気だった兄が歩けなくなった。あの元気な姿になって歩いて欲しいで姉妹みんな必死で祈り一生懸命でした。それが快方に向かわれて元気な兄ちゃんになられた事が私の一番の嬉しい事でした。来年こそは偽りのない、安心して生活できる世の中を願いたいです。
[PR]
by ousetuko12 | 2007-12-29 18:46
家族と私
12月24日はクリスマスイブである。往西家と大山家の合同でのクリマスス、お嫁さんが我々の為に美味しいご馳走をたくさん作ってくれてみんなをもてなしてくれました。本当に美味しかったです。本当にご苦労様でした。孫達とクリスマスでもらったプレゼントのゲームで賑やに心いくまで遊ぶました。我々の子供の時とは想像もつかない事ばかりでした。これがいいのか悪いのかと考えさせられました。   メリークリスマス・・・・・。
c0091826_18384478.jpg

[PR]
by ousetuko12 | 2007-12-25 18:40
苺と家族
今年の苺はなんだか可笑しいです。夏が酷暑であった為に花芽がとても遅れてなかなか出荷できません。もう一つは苗のつくり方に原因があるかも。11センチポットで苗を大きくした事。いい苗と思って喜んでもあまりにも素直に育った事も悪かったのかな。物の言わぬものを相手に本当に難しいです。気を使いながら苺の収穫期に入っていきます。どのようになることかな・・・。
[PR]
by ousetuko12 | 2007-12-22 16:15
パソコンと私
パソコンを初期化をして初めての投稿である。これで当分調子良くつかえばいいのにな。と願望する。先生有難う御座いました。
[PR]
by ousetuko12 | 2007-12-19 18:35
旅行
12月3、4日と小豆島へ旅行する。日生から大部へ日本二番目の島小豆島である。地中海気候なのでオリーブが多く栽培されている。景色も抜群でのどかな旅路である。二日目はメインの「二十四の瞳」の舞台であった岬の分教場、校舎。、二教室、教員住宅、机、椅子、オルガン、図画、年表など昔日のおもかげが残っていてタイムスリップしてなつかしく思われてなりませんでした。環境のいい所で勉強されたのだな。壺井栄文学館、壺井栄の「二十四の瞳」の生原稿、生前の愛用品など展示されみものでした。生活、病気、戦争など苦労された中での文学であった。村から三人の文学者、壺井栄、壺井繁治、黒島伝治とこれも感心しました。色々教えてもらう旅行でした。
c0091826_18292510.jpg

[PR]
by ousetuko12 | 2007-12-07 22:14
  

苺と家族のお話
by ousetuko12
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧